午前120°の不眠

テテちゃんが見せてくれる人生の極一部について

疲れるのでやめたい

今オタクしてて楽しいことより悲しかったり嫌なことが多い

 

全体的になんにも楽しくないのはコロナの影響も十分大きいんだろうけど、バンタンにハマってから自分がしたい応援をしようとする(グッズを買ったり、ライブに行ったり)のが難しいのも大きいと思う

 

諦めるのって愛がないってことになるのかなと、誰かに言われたわけでもないのに自分で自分にそう思ってしまう

 

ハマって2年目の新規の私ですらそう思うから、これまでどうやってarmyの人たちは正気を保って応援し続けてきたんだろう

 

私は自分の応援の仕方で応援したいし、応援しないなら、新曲が出たのに3ヶ月遅れで気づくような距離感の人にしかなれない

たぶんこの全か無かみたいな思考が良くないんだろうな

3ヶ月遅れで気づく人だってバンタンが好きでバンタンの曲が好きならバンタンのファンであることは十分にあるのに、私の判断基準だとそれはもうファンじゃないとなってしまう…

 

バンタンを応援していられるためには自分の判断基準を変えないといけないと思う

今までハマってきた界隈で望んで来たようなことの多くを望まない

 

うーん

こういう時よく思うのはBTSのドキュメンタリーもいいけど古参中堅armyの心境をまとめたものをすごく読んだり見たりしたい……

今も推してる人や降りた人不問で…

探してるんだけど、もちろん個人のブログが多いからバラバラだし、私は日本語しかネイティブ並にはできないから英語韓国語その他いろんな言語を使うarmyのものをしっかり読めない…

でも、なるべく多くのものを読んで引用の形でまとめてみようかな

 

どんな気持ちで応援してるんだろう〜

もちろんパフォーマンスや曲はすごく好きなんだけど、それ以外のことに時々耐えられなくて、オタクの時間なのになんでこんな悩んだり考えたり悲しくなったりしなきゃいけないんだろうと思う

 

楽しくオタクしたいだけなのになあ

でも今の私は望みすぎな気もする、メンバーが脱退したり犯罪の報道があったわけじゃないし、今もこうして推せてることに感謝すべきなんだろうな〜

世界で一番に価値を見出さない

美しい顔ランキングを無視してる。

個人がしていて統計も何もないことだし、そもそも他人の顔のランク付けをする行為が嫌いなので無視してる。

 

考えないようにしてるけど、意外とその話を振られるのでその度に言える間柄の人には無視していることを伝えてます。でも多くて少し疲れた。

 

テテちゃんを紹介する時にそのランキングを持ち出されるのもすごく嫌だ。

私には関係ないことだけど。心が今余裕ないからそういう風にどうでもいいことまでモヤモヤしてしまうんだろうなあ。

 

テテちゃんがセンイルブイラで一重と二重のアシンメトリーな目が酷いって言ってて、「そうなんだ、テテちゃんはそう思うんだ」「そんなことないよ、あなたは美しいと私は思うよ」「じゃあ私の顔見たら醜さに一瞬で木っ端微塵に爆発しちゃうね」とかいろいろなことを考えた。

テテちゃんを美しい美しい言うのは良くないのかもしれない。

テテちゃんの顔好きだよ〜の方がマシなのかな。

 

すごく無意味な世界で1位のレッテルを貼られて、鏡の前で二重を伸ばしてるテテちゃんを想像した。

 

関係ないことだけど、年末、バンタンを観るためになにかの音楽番組をリアタイしてる時にking gnuさんの「三文小説」という曲を偶然聴いて、(テテちゃんの人生を三文小説とも思わないしそういう状況を望んでいるわけではないこと前提で)いつかテテチャンにもそういう状況でそういう人がいたら良いなと思った。

それがバンタンのメンバーなら嬉しいし、結婚するような大事な人でも嬉しいし、、。

テテちゃんの増えたシワの数数えたいからずっと表舞台にいて欲しいけど、テテちゃんの勝手に、好きに生きて欲しいので要望は特にないや。他人の意思決定に興味ないや。

バンタンに出会う前から今もずっと性悪説かなと思ってるから他人に何も期待しないんだけど、テテちゃんって、期待以上の(?)思ったこと以上の言動をする人なので期待しそうになる。しないけど。

 

いつか、おじいちゃんになったテテちゃんが、(きっと偉大な人としてすごく有名なんだろうけど、孫はそれをよくわかってないとして、)秋の枯葉がいっぱいの公園で、孫に自分が作った曲(winter bear)を聞かせて、「これ僕が作ったんだよ〜どう?」「ほんと〜?」「ほんとだよ〜」とかやっててほしい(オタクキモ妄想)

 

今も知らないし、この先も私の知らないとこで元気に幸せに過ごしてるテテちゃんが地球に存在してれば嬉しいな〜

blue&greyを聴いていると、こんな夜が、こんな気分がどのくらいあったんだろうとか考えてしまうもんな〜blue&grey好きだけど…自作曲の中でダントツで好きだけど…

テテちゃんは美しいものに囲まれている

ように見える。

好きな映画も音楽も綺麗なものばかり綺麗というか、まっすぐでピュアなものが多いなあと思う。

テテちゃんのおすすめするもの、響くものもあるけど、時々全然響かなくて、これが心から好きだと言えるテテちゃんの心って…?!ってなる。

素敵だとは思うけど響かなかった自分の心の醜さと比較して勝手に辛くなる。

比較するのもどうかと思うけど。

 

それでもテテちゃんの作る曲って響くから不思議だ〜

テテちゃんの作る曲って、テテちゃんの好きなものの概念というか総和みたいだと思う。(これがBTS in the soopで確信できて良かった)

自分がどんなものが好きかを(受け取り手にもそれがわかるほどに)表現できるのはすごいなあと思う。

良いインプットが良いアウトプットになるとは限らないのに、テテちゃんを通した音楽は本当に素敵で、、

やっぱり綺麗なんだろうなという結論になる。

テテちゃんのスマホの画面、今はもうバキバキに割れていないのかな。

テテちゃんのスマホ、もうしばらく見ていない気がする。

今後テテちゃんの私用のスマホ見れる時ってくるんだろうか。

 

ぼんやり考えてた時は結構ちゃんと理論立てられたのに、文章にしたら何が言いたいかわからなくなったしすごくしどろもどろで恥ずかしい。

 

 

テテチャンのことを知らなきゃよかった

テテチャンについてもう500000000回くらい書かれてるタイトルなのでは?

そんな気がする

そのくらいテテチャンには恋愛感情の有無問わず激重感情を向けている人が1日に1万人は増えてるんじゃないだろうか。知らんけど。

私もその1人で、恋愛感情はないから(親目線タイプのキモオタ)そういう苦しみはないけど、でも、知らん間にことが進んでることへの悲しみを感じてしまう。

テテチャンはよくarmyは友だちだとか大好きだとか言うけれど、金銭が私たちとテテチャンの間には発生していている以上私はテテチャンの言葉を素直に受け取ることができない。

歪だと思ってしまう。

たぶん今はそう思う時期なんだろう。

大抵の時間はバンタンに出会えたことやテテチャンを知れたことが本当に嬉しくて、魅力がわかる感性であることも嬉しくて仕方ないんだけど、たまにシーソーみたいに、ギッタンバッコン感情の優勢劣勢が入れ替わって、バンタンを知らなきゃ良かったとも思う。

自分を愛すなら、労るなら、今の応援スタイルを変えなきゃいけないと思ったりしてしまう。

私はグッズを買ったり、ライブに行ったりという応援方法をとりたいんだけど、それが難しくて、悲しくなるから、そうなるくらいなら距離を置いて新曲が出たことにも1ヶ月遅れで気づくような、そんな感じになることこそが、自分を大切にできてるってことじゃないの?と思ってしまう。

それは嫌だから、できないんだけど。

 

私は理想が高すぎるんだろうな、人生の質とかも。こんなもんだよね、何もかも。

 

富とか名声とか結婚とかそういうの全部抜きにして、テテチャンが人としてどんなふうに生きるのか、心がどういう発達過程を辿るのか、本当に楽しみ。50代も60代も、テテチャンを観てニコニコできてたら本当に幸せなことだなあ。

それをなんとなく目指して生きていよう〜。

Dynamiteの成功が意味するもの

Dynamiteの成功が意味するものって何だろうと考え始めると寝れなくなったので書きます。

 

結論としてはアメリカの多様性の限界だと思いました。多様性を謳っていても、それは英語が前提。Dynamiteは完全に洋楽で、DynamiteとBTSの関わりは表現者でしかなく、作詞にも作曲にも関わりがありません。

BTSにとって、Dynamiteの記者会見って何だったんだろう。自分たちは表現者でしかないのに、、。

 

私がBTSを好きになった理由は、防弾少年団の名前の由来が好きだったからでした。

自分たちの音楽は今、守り抜けているんだろうか、、。Dynamiteは自分たちの音楽って言えるのかな。

いつか、作詞作曲にメンバーが関わった韓国語の曲でビルボード1位になって、グラミーも出たら、その時はすごく嬉しいと思います。

Dynamiteをパフォーマンスしてる時のバンタンは結局器でしかなくて、バンタンだから表現できることとか、バンタンの内面から滲み出てきている感じが無くて、見ていて虚しいです。

自分たちが何か言いたいことがあるから音楽をしている人たちだと思って、他のアイドルとは違う印象を受けて応援し始めたのに、Dynamiteはなにか、屈している感じを受け取り、悔しいというか大きい何かに怯える恐怖というか、いろんなものを感じました。

作家が賞を受賞した後、急激につまらなく焼き増しだらけになるのは言いたいことがなくなるからだというのがありますが、そういう状況になってないことを願うばかりです。

心からの素直な気持ちを曲にしてほしい。

建前とか模範的なアイドル像を追うばかりじゃ無くて…。

 

いつか新曲を聴いて響かない日が来るのがとても怖い。

歳とってヨボヨボになってからも、BTSの好きな曲を聴いて楽しめる人でありたいなあ、、。

 

アイドルに求めることじゃない

自分はもともとアイドルのファンになる人間じゃないと感じる。

アイドルとファンの関係性を気持ち悪いとすら思ってた。

今もファンを見ていて、改めて気持ち悪い構図で成り立っているなあと思うことがある。

あとあまり関係ないけど悲鳴に近い歓声が苦手。

 

自分たちのことを曲にしてほしいし、曲のメッセージを理解していてほしい。

 

Dynamiteはバンタンにとっても聴く人にとってもすごく良い曲で、その成功でさらに輝くものであると思っているけど、バンタンが制作に関わっていないから、Dynamiteにおいてバンタンは与えられた曲を表現するだけの表現者でしかなくて、あまり響かない…。

 

アメリカの多様性って結局は英語であることが前提の多様性なんだなあとか全然知識もないのにそういうことを考えたりした。

いつかバンタンが韓国語で本音を書いた歌詞でアメリカで1位とったら、とても嬉しいと思う。

 

たぶん私はシンガーソングライターを応援するべきなんだと思う。

アイドルに求めることじゃないと思う。

今のところ共感できる歌詞を書いてるシンガーソングライターは見つからない。

心なきテテペン

テテちゃんの心に興味があるテテペンです。

2019年からの新規です。

文章を作る能力が無いです。

 

2017年の年末のMステでのDNA披露を観て、テテちゃんの舌を出すパフォーマンスにヒヤヒヤして、検索し何枚か画像を保存しましたが、DNAの歌詞が響かずそれ以上はハマりませんでした。

 

DNAは曲調だけにハマったままで月日が流れて、2019年に韓国人の子にHouse of cardsを勧められ、良かったのでいろいろ聴いたらGogoやベプセ、MIC Drop、DOPEといった反骨精神や命を削り生きる歌詞に痺れてハマりました。ハマれるかどうかは歌詞にかかっているタイプのオタクです。

 

オタクだけどビジュを見たところであまり沸かないし心臓も痛くならないし、ドキドキもしないです。恋愛感情での応援は一切してないです。

 

男性アイドルのファンですと言って、特にこの人応援してますって言うと、こう言う人がタイプなんだねって言われるのが悲しくて、理解してもらおうとも思えなくて、心の扉密かに閉めます。

 

欅坂がとても好きで思考回路に組み込まれているのですぐ欅坂の例えとか話をしてしまうと思います。

 

寝れない夜が多くて、Twitterに長文をだらだら書いて深夜のタイムラインを埋めるのも嫌なので、ブログを書くことにしました。

でも、ノートに鉛筆で書く方が正直に書けるので主にノートに書いて、ブログにするのは比較的元気がある時になると思います。

 

なんか…テテちゃんがどういう気持ちなのか、どう生きたいのか、どう生きるのか、今どれだけ自分に素直でいれてるのか、そういうことを本当に知りたいです。また、言動からそういうものを感じ取れる人でありたいです。

まとめるとテテちゃんの心の機序をある程度自分なりに捉えられる人になりたいです。

 

テテちゃんを、いつの時代も四次元や五歳児だと思わないです。四次元、五歳児だと言って片付けることはしたくないです。

 

恋愛も結婚も、テテちゃんが幸せになるためにそうしたなら、テテちゃんの作る曲を聴き続けられるなら、全然良いと思ってます。

テテちゃんの結婚報道が出たら動揺する中SOMELIKE YOUを聴いてお祝いの投稿をweverseにするのがテテペンとしての夢です。

 

今はテテちゃんのミックステープが出ることが楽しみで仕方ないです。