午前120°の不眠

テテちゃんが見せてくれる人生の極一部について

世界で一番に価値を見出さない

美しい顔ランキングを無視してる。

個人がしていて統計も何もないことだし、そもそも他人の顔のランク付けをする行為が嫌いなので無視してる。

 

考えないようにしてるけど、意外とその話を振られるのでその度に言える間柄の人には無視していることを伝えてます。でも多くて少し疲れた。

 

テテちゃんを紹介する時にそのランキングを持ち出されるのもすごく嫌だ。

私には関係ないことだけど。心が今余裕ないからそういう風にどうでもいいことまでモヤモヤしてしまうんだろうなあ。

 

テテちゃんがセンイルブイラで一重と二重のアシンメトリーな目が酷いって言ってて、「そうなんだ、テテちゃんはそう思うんだ」「そんなことないよ、あなたは美しいと私は思うよ」「じゃあ私の顔見たら醜さに一瞬で木っ端微塵に爆発しちゃうね」とかいろいろなことを考えた。

テテちゃんを美しい美しい言うのは良くないのかもしれない。

テテちゃんの顔好きだよ〜の方がマシなのかな。

 

すごく無意味な世界で1位のレッテルを貼られて、鏡の前で二重を伸ばしてるテテちゃんを想像した。

 

関係ないことだけど、年末、バンタンを観るためになにかの音楽番組をリアタイしてる時にking gnuさんの「三文小説」という曲を偶然聴いて、(テテちゃんの人生を三文小説とも思わないしそういう状況を望んでいるわけではないこと前提で)いつかテテチャンにもそういう状況でそういう人がいたら良いなと思った。

それがバンタンのメンバーなら嬉しいし、結婚するような大事な人でも嬉しいし、、。

テテちゃんの増えたシワの数数えたいからずっと表舞台にいて欲しいけど、テテちゃんの勝手に、好きに生きて欲しいので要望は特にないや。他人の意思決定に興味ないや。

バンタンに出会う前から今もずっと性悪説かなと思ってるから他人に何も期待しないんだけど、テテちゃんって、期待以上の(?)思ったこと以上の言動をする人なので期待しそうになる。しないけど。

 

いつか、おじいちゃんになったテテちゃんが、(きっと偉大な人としてすごく有名なんだろうけど、孫はそれをよくわかってないとして、)秋の枯葉がいっぱいの公園で、孫に自分が作った曲(winter bear)を聞かせて、「これ僕が作ったんだよ〜どう?」「ほんと〜?」「ほんとだよ〜」とかやっててほしい(オタクキモ妄想)

 

今も知らないし、この先も私の知らないとこで元気に幸せに過ごしてるテテちゃんが地球に存在してれば嬉しいな〜

blue&greyを聴いていると、こんな夜が、こんな気分がどのくらいあったんだろうとか考えてしまうもんな〜blue&grey好きだけど…自作曲の中でダントツで好きだけど…